二つ折りのコードバンの財布はどう?

MENU

二つ折り

長財布か二つ折り財布は、好みが大きく分かれる傾向があります。
二つ折り財布なら片手でも持てますし、小銭入れと札入れ、カード入れなどがあるので、クレジットカードや診察券などを入れておくのも便利です。
しかし中身が増えていくと、厚みも増していくいのであまり詰め込み過ぎると型くずれしたり、ジーンズやスーツの後ろポケットに入らなくなったりする事もあります。
財布の形は好みもあると思いますが、コードバンの財布は丈夫で長持ちしますから丁寧に使えば一生物としても通用します。

 

好みはいろいろあると思いますが、メーカーによっても多少使い心地は変わってきます。
例えばココマイスターの場合はロウのスプレーを革に振りかけるのでこれにより強度がまして行きます。
ただし元々丈夫なコードバンにさらに硬さが増すと、最初は硬く使いにくい革だと思われてしまいます。
使うほどに手に馴染んでくるのも魅力ですが、最初は硬いと覚悟しておきましょう。

 

キプリスのコードバンは、ヌメ革や牛革と組み合わせる事で、柔らかさを出しています。
異素材との組み合わせでコードバンの扱いにくいデメリットを解消しつつ、メリットは最大限に引き出せているので使いやすさを重視するならこちらもおすすめです。
コードバンのもう一つの良さは、使う込むほどに増していく深みのあるツヤが出てくるところです。
アンティーク調のツヤは二つ折り財布にも、重厚感を出してくれるのでカジュアルすぎないところもポイントです。